気の向くまま・・シーバス・ショアジギング・エギング等・・九州・大分(四浦・鶴見・米水津・蒲江~)釣行へ、ジムニーLVで駆け巡ります! 自己満足のためのコーヒータイム! コメントなど、よろしく!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  往復タイム 6時間半!なんと、倍近くも・・の~んびりです。    

 P1020223-圧縮!

  
                           毎度毎度と、
                           大分・佐伯方面にて、エギングにシーバス
                           も・・しておれず
                           本日は、ささやかな家族サービスを・・
                           妻子と4人で
                           大分は、九重連山へ
                           久住山トレッキング!です。
                           (プライバシーを尊重し、顔出し無しです。)
   
             
P1020153.jpg 

  
                            牧ノ戸峠登山口の駐車場に
                            乗用車を停めると、
                            4人で身支度を・・
                            10:00、売店の前より意気揚々、
                            登山入口へ

              
P1020154.jpg P1020155.jpg
  
                            しばらくは、コンクリート舗装の
                            急な小道を上ります。
                            しか~し、
                            すでに足にきて、肩で息を・・
                            こ・こんなはずでは・・!
  
              
P1020158.jpg
  
                            展望台で、とりあえず休憩
                            ここで帰ろうか・・と相談も、
                            沓掛山までのルートは、
                            良く整備がされています。
  
              
P1020165.jpg P1020172.jpg
  
                            沓掛山山頂からは、ハシゴ下り
                            大ウケしてましたね~!
                            そして、
                            陽でぬかるんだ、泥道が続きます。
                            ブーブー・不満が・・
                            こ・こんなはずでは!
  
              
P1020182.jpg P1020186.jpg
  
                            扇ガ鼻の分かれ、通過し
                            待望の平坦な草千里・・一息つきつつ
                            ゆっくり・ゆっくりと歩き続けます。
  
        
P1020190-圧縮!
  
                            先の岩場を越え、下ると・・
                            避難小屋がポツリ。
                            ここ、以前に来た時とは別物に
                            きれいになってましたあ~!
  
             
P1020198-圧縮! P1020223-圧縮!
  
                            ここまで来れば・・
                            久住山山頂も見えてきました!
                            もう少し・・
                            休憩を、幾度も入れてきた為に、
                            お昼を大きく過ぎていたので、
                            ひとまず・・
                            景色のいい場所を見つけ
                            お弁当です!
                            ここで帰る、意見も
                            しか~し 強行・・です。
   
             
P1020207-01-圧縮! P1020210-圧縮!
  
                            痛む体を引きずり
                            なんとか、山頂に4人で立ちました!
                            途中で帰ろうと、話していましたが・・
                            苦労も吹っ飛ぶ
                            快晴・雲一つ無い360度のロケーション
                            大いに歓喜です!
                            ガスコンロで、湯を沸かし
                            熱いコーヒー・カフェラテ・抹茶で
                            カンパイ
                            山頂には、他の登山者は2組ほどで、
                            ゆっくりした時間を過ごしました。
                            帰りの下りも・・
                            痛む体を引きずり
                            子供たちに、時折押してもらいながら
                            4~5回の休憩を入れ・・
                            靴・ズボンは泥まみれ
                            後から来る登山者には、道をゆずり
                            牧ノ戸峠に、16:30の下山です。
                            振り返れば、
                            倍に近い往復タイム・・ホント
                            ツ・カ・レ ましたあ~!
                            が・・
                            楽しかった~。





                                     2011-3-31(木)          53  








                                                                                     ブログランキング・にほんブログ村へ    
                                                                                              よろしく~   
                  





                                   
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2oya3yubi4kosi5hara.blog110.fc2.com/tb.php/59-39e70323
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。